→富士タウントップへ戻る クリックで富士タウントップページへ戻る
(C)copyrights 2002 Fuji-Town.com Allrights Reserved.





吉原宿問屋場」インターネット和紙人形展

2002年7月11日に創作和紙人形華扇会(代表 田畑華扇:浜松市)より、富士市立博物館へ
「吉原宿和紙人形」が寄贈されました。

◆2001年静岡県「東海道400年祭」記念行事として
静岡県立美術館に展示され、優秀賞を受賞した作品です。

題名は「吉原宿問屋場」




静岡県東部地区初の展示、並びにインターネット展覧会初登場

(詳細画像は下記に続きます)


 「吉原宿問屋場」は、9/1まで開催の博物館主催「紙ING」フェアー期間中
 博物館1Fロビー中央に展示されております。


富士市立博物館のページ
 



吉原宿問屋場」インターネット和紙人形展




精巧な作りを細部まで、ごゆっくりご覧下さい。
※クリックで拡大します。(別窓が開きます)



建物・小道具も全て手作り

表情は見た人の想像で・・・

土までもリアル

馬の肌も精巧


この木だけで13人ががり

馬役、人足役、帳付け役で構成

てきぱき働く様に吸い込まれる

細部にわたって作り混まれている


間口は150cmある

全景はサイズよりボリューム感がある

今にも動き出しそう

左から博物館館長
田畑華扇さん
小坂のぶ江さん



東海道500年祭 静岡県立美術館出品 優秀賞受賞作品

 
〜吉原宿問屋場〜


原より12.5キロの吉原宿。江戸時代問屋場は、宿場で人馬の継立を行う最も重要な施設。
大秤を備え付け、荷物の目方を計り、料金を定め、人馬や貨物運送の斡旋をしました。

この作品中にも馬役、人足役、帳付け役の人々がてきぱきと割り振りに大忙し。
フンドシ姿の人たちは、一年中このような格好でした。
凄い力持ちで、40kg位は次の宿場まで運んだそうです。

-----------------------------------------------

製作期間は、半年。総勢13名で制作いたしました。人形は勿論、木の葉一枚一枚全て手作り。
顔がないのは、イメージにとらわれず、見た方の感性で想像して欲しいとの趣旨から。
華扇会の趣旨でもある「動きの瞬間」を捉えた人形が多く、動きの中に人体の細かな動きが
表現されております。


設置風景〜この作品のために来館し、設置していただきました。
設置時間は、約二時間。写真や絵コンテを元に一つ一つ丁寧に再現します。



創作和紙人形華扇会

和紙人形を主体に、近年時代物のジオラマを手がける。浜松を拠点に静岡県西部にて展示会を開催。
各博物館、資料館にも多数展示された。過去には、オーストリアのウィーンでも展示会を開き
好評を博したことも。静岡県東部での展示は、富士市立博物館が初めての展示。
また、インターネットでの作品公開も史上初。


お問い合せは、富士市立博物館まで

創作和紙人形華扇会
二代目家元 田畑華扇(たばたかせん)
静岡県浜松市三方原町266-1
華扇会展数回開催
全国和紙人形展三回出品
浜松市立公民館、文化センター他数カ所講師
全国和紙人形協会〜和紙人形現代作品集より〜
クリックで拡大します。(別窓が開きます。)
クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大
焔 (ほむら) 待ちぼうけ 秋の蝶







出店・ご登録に関するご案内は こちら(ご登録フォーム)
「富士タウン」にお問い合せは こちら(お問い合せフォーム)
「富士タウン」について(総合案内)

運営事務局:〒417-0001静岡県富士市今泉3-16-38 TEL(0545)53-7383  メール:info@fuji-town.com
/公共サービス/飲食業/小売業/観光/サービス業/医療・介護/運輸業/製造・卸業/学校・教育/
/建設・不動産業/金融・保険業/農林・水産業/団体・個人/スポーツ/その他/出店登録/トップへ/

ページ内の画像・記事などの無断転載を禁じます。
(C)copyrights 2002 SANCHOKURAKUICHI ALL RIGHTS RESERVED.